ページの先頭

宅建

プロが納得した学習教材

講座

宅建受講生合格の声

ココに注目!

サンプル画面

宅建宅建試験合格WebCD講座TOP » 宅建受講生合格の声

宅建受講生宅建試験合格の声

香川県在住/森内浄峰さん

満59才。

58才で現役を離れ、対外的には早期退職と胸を張っていても頭の角にはこのまま現役を去るのかと寂しさが残る、この一年間。

 

経済的には、家族に負担を掛けていないと自分を慰めながら、今年4月(2005年)、本屋さんで手にした本『とるぞー!』。

今思えば、全ての始まりがこの一冊でした。

よし!国家試験に挑戦。 私にとっては全くの他業種。

家内には内緒で、1ページ2ページ・・・。

権利関係(民法)は何とか進んだのですが、宅建業法、税金知識、法令上の制限は読み返しても読み返しても理解できない。暗記できない。

それでも2回、一通りはなんとか読み続けました。

(取っ付きやすかったので読めたのかも・・・)

近くに住む孫(3〜6歳)が時々遊びに来るのですが、じいさんの対応が冷たいのに孫が気づいて、家内にもばれてしまい、一部の親戚に家内が喋ってしまいました。

もう中途半端な事はできない。

『とるぞー!』の末ページでWeb講座があるのを知り、体験講座をためして、ものすごい低料金だったので、これも家内に内緒で申し込みました。

5月上旬より、早朝5時スタートでweb講座に挑戦していきました。

『とるぞー!』にリンクしていたので比較的スムーズに入れましたが、他の受験生よりかなりスタートが遅れていた感がありましたので、用事の無い時は4〜5時間のペースで前に進みました。

でも年のせいかも知れませんが、多く詰め込めば多くはき出す・・・の繰り返しでした。

7月頃にやっと皆さんに追いつき、掲示板の存在を知り分からないところは、しつこいほど利用させていただきました。(他の受験生の為にもなると思いつつ。)

自己流のマニュアル・ロゴ集をexcelで数十枚作り、時には真夜中2時ごろに成ることもしばしば・・・。その間、万博をはじめ、その他旅行も何度かしましたが、見ないと分かっていてもマニュアルと『宅建とるぞー!』を手荷物にしていました。

9月〜10月は、神宮司先生の「試験に宅建試験合格する人、しない人」を読み直して、過去問7年分を解いていきました。

意味が無いと分かりつつ、本試験と同じ時間帯のpm1:00〜pm3:00の時間にこだわって、解きました。

点数は高得点が取れましたので、自己満足していました。

10月に入って、平成16年度の問題を体験した途端、頭が真っ白になりました。

初めてする問題ばかり・・・、時間は足りない、意味ちんぷんかんぷんの問題という具合で、自分の実力に気づきました。

それまでは過半数の問題がweb講座で勉強したものなので、本当の実力では無いとやっと気づきました。

本試験をボイコットも考えました。

掲示板に平成16年度本試験の意味の分からない問題を神宮司先生に投げ返しました。

回答は「そんな問題が出たら交通事故だ 誰もわからないだろう。」でした。

大変勇気付けられました。

まだ時間はあると思い直して「17年度の直前予想模擬」に挑戦して、問題慣れを体験しました。

今、宅建試験合格できたから、言えるのかも知れませんが、私より若い人でしたら一日1〜2時間努力を惜しまないのであれば、3月にスタートして、4月までに『とるぞー!』を2回理解しながら読みほぐし、5月〜8月までweb講座をうけて(web講座は1月に受けても料金は一緒だと思いますので早く始めた方が有利かも・・・。でも惰性はダメ)、9〜10月で過去問に挑戦する。

これで完璧だと思います。

理解し難い事があれば、どんどん掲示板に質問を出せば、神宮司先生より素早い明確な回答を頂けますよ。

自分が質問していなくても、掲示板を毎日見る習慣にしていると意外と自分の為になります。

私の場合、「絶対宅建試験合格」と言うプレッシャーが、あまり無かった事とボケ防止という大義名分が有ったので、スムーズに行きました。

肩の力を抜いていけば・・・。なんとか、なると思います。

宅建合格受講生の声一覧に戻る

宅建試験合格をされた皆様、おめでとうございます。
これからの益々のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

宅建試験資格取得のために欠かせないアイテム宅建試験宅建試験合格への道!ここにあります。

© 2007 宅建宅建試験合格WebCD講座 All Rights Reserved.